無修正アダルト動画でオナニーしてキミを忘れよう

※当サイトは未成年者の閲覧を固く禁止します。18歳未満の方は退室をお願いします。
さらに読み込む
失恋後の悔しオナニーほど泣けてくるものはない。
もしかしたらと期待に思いと寄せて告白をしたりして、失恋してしまった時。
感じるショックはかなり大きいと思う。
しかし、そんな時こそ悔しオナニーが大切なのである。
悔しオナニーはとても大事な事なのだ。
なぜかというと…一種の思い出オナニーみたいなもので、
振られた事も経験として受け止める事が出来るからだ。
それに妄想の世界では自分はその女の子と付き合ってる事になる。
妄想はあくまでも妄想になってしまうが、
でもその妄想の中で自分の好きな女の子とセックスをしたりして楽しんでる…。
そう考えたら別に失恋だって怖くないと思わないか?当たって砕けろという言葉があるくらいだ。
勇気を持ってなんでも立ち向かう事が大事なのだ。
そうして失恋したとしても、失恋オナニーをするんだ。
そうすれば自分の脳内では完全にその女の子は自分の彼女。
毎日毎日楽しむ事が出来る。
失恋後は悔しオナニー。
だが悔しいだけでは男は成長しないのだ。
悔しいのならそれをバネにしてやりきっていけばいいのだ。
その為にオナニーがあるのだ。
オナニーで全てなんでも解消する事が出来る。
泣きながらのオナニーもまた乙なものだったりするのだ。
失敗を恐れて行動出来ないものこそ本当の負け組だと私は思う。
そうじゃない。人生はなんでもチャレンジが必要なのだ。
それを私は今回しっかりと伝えておきたいと思う。
そういう深い意味での失恋後の悔しオナニーという議論なのだ。
もちろん悲しい事だし、失恋したらその後は何も考えたくなくなってしまったりすると思う。
しかしピンチは最大のチャンスともいうものだ。
そんな落ち込んでしまいそうな時こそ、悔しオナニーをして、
妄想の中で自分を振った女の子をめちゃくちゃにしてやればいい。
実際にやってしまうと犯罪だが、妄想の中では犯罪にはならない。
むしろ相手から求めてくるくらいだ。
失恋をしてしまった後は後ろ向きに考えるのはやめて、前向きに考えていける努力をしていこう。
道はいくらでもある。
星の数ほどに女性も男性もいるのだ。
失恋して悔しオナニーをする為にわざと振られるくらいの気持ちでいよう。
その方がショックも半減するし、妄想の中でのプレイも広がってくる。
決して失恋したからと言って落ち込まず、妄想の中に広がる酒池肉林を楽しむがいい。
それは決して間違えていない、そして自分を慰める最良の手段だと私は思っている。